アラサー処女のための処女喪失サポート依頼先の選び方

まさと

処女喪失を誰に頼むべきか悩みますよね?

友達はさすがに無理だけど、かといってSNSやアプリで探すのも怖い・・・

オンラインで探す場合は、ポイントさえ押さえることでおかしな男性を避けることができます。

初めてのセックスで後悔しなように、ロストバージンを依頼する前に必ずチェックしてください。

見がしてはいけない選ぶ際のポイント

ホームページについて

ロストバージンに関する十分な情報が蓄積されていますか?

処女喪失をサポートするためには、セックスや女性の体に関する膨大な知識が欠かせません。

それに加え、安全で確実なロストバージンを提供するためには、十分な経験が不可欠です。

その結果、ホームページには、多くの情報がわかりやすく整理されているはずです。

ロストバージンのリスクについて説明されていますか?

ロストバージンでは、痛みや出血といったリスクを必ずともないます。

それらの説明がない場合は、十分な経験がない可能性が高いです。

ロストバージンの手順が明記されていますか?

ロストバージンのリスクを最小に抑えるために、経験から積み上げられた適切な手順があります。

手順を説明できないということは、無理矢理セックスにもちこまれることもあるので注意してください。

サポートにかかる時間は提示されていますか?

十分な経験があれば、おおよその時間とその内訳がわかります。

料理や掃除とちがって、経験をつめば時間が短縮できるほど、ロストバージンは簡単なものではありません。

もし「すぐ終わる」「短時間で済ます」というアピールがある場合は、避けましょう。

個人情報の取り扱い方「プライバシーポリシー」が明記されていますか?

あなたの個人情報がどのように使われるかわからないのに、アドレスなどを開示すべきではありません。

またストーカー被害に合わないために、けして個人を特定できる情報を男性には開示しないでください。

ロストバージンで使用するものは明記されていますか?

体に影響のない潤滑剤など、使用予定のものが明記されていない場合は、注意が必要です。

安いからといったしょうもない理由で、体に悪影響のある物質を含んだものを使われるかもしれません。

体験者の感想やインタビュー動画が載っていますか?

クライアントとの間に信頼関係が築けていれば、クライアントさんから承諾を得た上で、、ロストバージンの感想や体験談が掲載されているはずです。

ない場合は、クライアントと信頼関係が築けていません。

もしくはいわゆる「やり逃げ」をしているだけです。

ホームペーのURL(アドレス)が無料のものではありませんか?

ロストバージカフェのURLは、https://lostvirgincafe.com/です。

独自に有料で取得しています。

一方で、ホームページやブログの中には、無料で開設できるものがたくさんあります。

問題を起こしても逃げればいいと考えている可能性が高いため、真剣には活動していません。

その他

サポートする男性は既婚者ではありませんか?

”逆美人局(ぎゃくつつもたせ)”かもしれません。

男性が既婚者であることを承知の上で性交渉を持った場合、それは不貞行為とみなされます。

つまり、男性の配偶者から慰謝料を請求される可能性が高いということです。

メールの文面は丁寧ですか?

女性をどのように扱うか文面に現れます。

上から目線・横柄・命令調の場合は依頼することをやめましょう。

質問にはっきり答えてくれますか?

あなたの質問に明確な回答がない場合、十分な経験がないのかもしれません。

クライアントさんの質問に答えられないような男性に、安全・安心な処女喪失サポートは無理です。

待合せは安全な場所ですか?

人気のない場所や車での待合せに指定されたら、要注意です。

喫茶店などに待合せ場所を変えてもらうか、サポート依頼そのものをキャンセルしてください。

”車で迎えに行く”は、もっとも危険です。

まとめ

ホームページを見ただけでも、多くのことがわかります。

焦ってロストバージンしても良いことはありません。

時間をかけて依頼するべきか検討してみてください。