MTFの方がSRS後のセックスで注意するべき3つのポイント

あおい

性適合性手術を受けて、心も体も女性になったら、恋愛もしてみたいと考えるのは自然なこと。

「セックスもしてみたいな」と思ってませんか?

でも、ちょっと待った。

手術で膣をつくったとはいえ、順番を間違えると、セックスどころか恋愛も終わってしまいます。

まず3つだけ確実にやってください。

これだけで、あなたのセックスライフが変わります。

ダイレーションで安定化

膣の形成術を受けても、何もしなければ体内の筋肉や脂肪に押されて、狭くなってしまいます。

狭くなると、ちくわを左右から押しつぶしたような状態になって、男性のペニスが入りません。

そのため、術後3ヶ月は毎日数回のダイレーションで膣の空間を確保しましょう。

3ヶ月後には、空間ができてペニスも十分入るようになります。

潤滑剤を活用

いよいよ、挿入。

ここでの注意は、手術で作られた女性器はそんなに濡れないということです。

分泌液はでるものの、セックスを助けてくれるようなものではありません。

無理やり挿入するとケガをします。

そのため、潤滑剤を積極的に使いましょう。

created by Rinker
リューブゼリー
¥691 (2022/05/18 11:15:02時点 Amazon調べ-詳細)

ロストバージンカフェでは、『リューブゼリー』をおすすめしています。

女性の粘液に似た感触で、水性のため簡単に洗い流せるのに、処女の痛みをかなり軽減してくれます。

洗浄

最後は、洗浄です。

手術による女性器は、自浄作用があまりありません。

※S字結腸法であれば腸液によりある程度は外に洗い流してくれます。反転法の場合は普通の皮膚なのでほぼ期待できません。

そのため、ダイレーションや性行為後に何もしないと雑菌が繁殖したり、性感染症になってしまいます。

清潔な道具を使って、面倒でも洗うことを習慣にしてください。

まとめ

なぜ、ロストバージンカフェがこのような記事を出したかというと、以前にもMTFの方から処女喪失のご依頼があったためです。

多様性が少しずつ社会に広がることで、MTFの方も増えると予想されています。

もし、最初のセックスで困っている場合は、処女喪失サポートを提供していますので、いつでもご相談ください。