処女が風俗で働いて後悔する前にやるべきこと3選

あおい

短期間に効率よく収入を得るために、処女でも風俗で働きたいと考えていませんか?

働く前にやらなかったために、多くの女性が後悔していることが3つあります。

それらを必ず実施してから、風俗で働くようにしましょう。

風俗で働いて後悔しないか確認

コロナでアルバイトがなくなり、学校の学費を支払うために風俗で働きたいという方から、ロストバージン・サポートのお申し込みをたくさん頂きます。

風俗での勤務は否定しませんが、そのことで自分が傷ついたり、将来の可能性をつぶしてしまうことにならないか検討してください。

リスク

風俗での勤務がばれて退学

大学によっては、風俗での勤務=退学の場合もあります。

学費を稼ぐ意味がありませんので、そもそも風俗で働くべきか考えて下さい。

就職活動時や就職後に風俗勤務がばれてアウト

在学中に問題がなくても、就職活動中や就職後に風俗勤務がばれて、内定・就職が取り消されることもあります。

どのようにしてばれるのか?

企業の中には、興信所などをつかって内定者の素性を調べるところも少なくありません。

また、お客さんとして知り合いが風俗店にくることもあります。

性感染症が原因で不妊

あまり知られていませんが、性感染症により子供が産めなくなることもあります。

性行為のない風俗店の勤務であっても、一般の女性に比べれば、性感染症に感染する可能性は数百倍高くなります。

風俗店を利用する男性は、一般の男性よりも性病をもっている可能性が高いです。

将来、好きな人の子供が産めなくなっても良いという覚悟があるなら、風俗で働きましょう。

対応策

そこで、風俗で働く前に、経済的な援助を申請してみてください。

実は、私も大学の授業料を免除してもらいました。

原因は、コロナではないのですが、父が突然職を失ったため、2年分の学費を免除してもらいなんとか卒業できました。

大学

学生課に相談しましょう

大学ごとに学生の支援制度が異なります。

学内でおかしなサークルが支援を申し出てきても、けして誘いに乗ってはいけません。

都道府県・市町村

各都道府県でも支援策があります。

都道府県だけでなく市町村のホームページを確認し、わからなければ窓口にいって問い合わせましょう。

想像よりも丁寧に対応してくれます。

塩対応するとSNSに挙げられるからです。

省庁

主に文科省ですが、支援制度があります。

必ず確認して積極的に使って下さい。

詳細がわからなければ、面倒でも電話してみてください。

支援金・奨学金

https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html

性感染症の危険性を理解

上でも書いた通り、風俗で働くということは、それだけ性感染症に感染しやすいです。

対処療法があるとはいえ、HIVに感染すれば一生薬を飲み続ける必要があります。

性感染症の種類

梅毒

最近、20代の女性に一気に増えているのが梅毒です。

最初はしこりのようなものができて、治療が遅れれば死にいたります。

若い医師は梅毒を診たことがない、適切に診断できず、処置が遅れる傾向にあるようです。

クラジミア

基本的に性行為で感染します。

子宮頸管炎・子宮内膜症・卵管炎・骨盤腹膜炎などの病気になる可能性が高いです。

将来子供が産めなくる不妊に繋がることもあります。

淋病

性行為で感染します。

腹膜炎などの骨盤内炎症疾患などを起こし不妊の原因になります。

症状は、膿のようなおりものが増えること多いです。

HIV

言わずと知れた性感染症です。

現代では、不治の病ではありませんが、感染すれば自由な生活はできなくなります。

セックスの初体験

法律上、風俗店での性行為は禁止されています。

が、本番行為を黙認しているところもあるようです。

そのようなお店で働く場合に、もっとも大きな後悔のひとつが「初めてのセックス相手がお客さんだった」こと。

自分の意思とは関係なく、機械的にあてがわれた男性といきなり、人生初のセックス。

痛いし、怖いし、出血するし、お客さんに引かれて、お店の人に怒られる。

風俗で働く前に、男性の体のことも理解できる処女喪失サポートで安全に性体験することをおすすめします。

まとめ

性風俗での勤務はけして、楽ではありません。

回避する方法はありますので、ぜひ検討してみてください。

行政も助けてくれます。

それでも、風俗で働く必要があるなら、今日紹介した3つをよく考えてから行動しましょう。