痛い!!処女には入らないワケがある

まさと

「初めてのセックスは痛い」と聞いて不安になっていませんか?

そもそも、なぜ処女喪失は痛みをともなうのでしょうか?

痛みの原因がわかれば、対処のしようがありますので、安心してください。

800人の女性に処女喪失サポートを提供してきた経験から、痛みの原因を紹介します。

最後まで読んでいただくと、安心してロストバージンができるようになりますよ。

処女喪失が痛い本当の理由

簡単には濡れない

原因の1つ目は、初めてのセックスでは簡単には、女性器がぬれないからです。

女性器がぬれないと、ペニスを挿入したときの抵抗が大きいため、女性器のいろんな部位を引っ張ってしまい、痛みが強くなります。

2種類の痛み

女性器の外側にある大陰唇や小陰唇をペニスが巻き込むことで起こるのが、最初の痛みです。

男性に無理矢理挿入されたことで、大陰唇が避けてしまった女性もいます。

次に、濡れていない処女膜をむりに押し広げることで、発生するのが2つ目の痛みです。

ほとんどの男性は処女が痛がることは当たり前と考えていますので、遠慮もなく入れようとします。

女性器の構造

濡れない場合の対処法

普段オナニーをされている女性であっても、はじめてのセックスではそう簡単に濡れません

ではどうするかというと、潤滑剤を使います

潤滑剤というのは、女性の体液と似たつるつるっとした液体で、女性器とペニスの間のひっかかりをなくしてくれるものです。

ロストバージンカフェがおすすめする潤滑剤

created by Rinker
リューブゼリー
¥689 (2022/06/26 19:05:27時点 Amazon調べ-詳細)

”リューブゼリー”という潤滑剤をロストバージンカフェではおすすめしています。

セックスのあらゆる抵抗を軽減できるため、処女喪失には必須のアイテムです。

リューブゼリーの特長
  • 安心の国産かつ日本婦人科学会が推奨
  • コンドームを劣化させない水溶性
  • 大抵のドラッグストアで購入可能

女性の体液に似た成分で、挿入を簡単にしてくれます。

何度か男性とホテルに行ったけど挿入できなかったという方でも、あっさり挿入に成功するケースがほとんどです

処女膜が硬い

2つ目の原因は、処女膜の硬さです。

処女膜が硬いままだと伸びないため、挿入にしたときに痛みを感じます。

処女膜は”膜”ではない

実は、処女膜は、五円玉のような状態です。

処女喪失とは、この五円玉の真ん中にある穴にペニスを通すことを意味します。

そのため、五円玉の穴の縁を柔らかくすることで、穴を広げない限り、強い痛みがでます。

処女膜を柔らかくする方法

挿入前に処女膜をマッサージすることで、痛みを取り除くことは可能です。

ロストバージンカフェでは、800人に処女喪失サポートを提供を通して、効率的に安全に処女膜を広げるテクにクックを獲得してきました。

方法さえ知っていれば男性器が入るぐらいに処女膜をほぐすことはけして難しくありません

まとめ

処女喪失の痛みは、男性側の配慮によって、取り除くことができます。最初のセックスは、後々のセックス観や男性との関係に大きな影響を与えます。

痛いのが当たり前と思って初体験を迎えるのか、少しでも気持ち良い処女喪失を達成するのか、選択するのは、女性です