処女喪失はどのぐらい痛いのか?

まさと

ロストバージンは痛いとよく聞きますよね?

でも、どれぐらい痛いのか想像できないのではないでしょうか。

「できることなら、自分が処女喪失する前に知っておきたい・・・」

800人以上の女性に処女喪失をサポートする中で、お聞きした感想をまとめてお伝えします。

これを読んでおけば心の準備ができて安心です。

処女喪失の痛み

処女を喪失するときの痛みは、女性の運動経験や年齢によって大きく変わります。

ロストバージンサポートでお聞きした、痛みに関する感想をまとめました。

ちなみに、出産は「鼻からスイカが出る」レベルだそうです。

60%│思ったよりも痛くなかった

ロストバージンカフェで処女喪失サポートを受けた方の多くは、想像していたよりも全然痛くなかったとおっしゃいます。

痛みの種類をお聞きすると、

  • チクチクした痛み
  • 紙で指を切ったときのような痛み

という答えが多いです。

比較的、処女膜が柔らかい20代女性、または処女膜の穴が大きい女性にこの傾向は強いです。

30%│最初だけ痛かった

次に多いのが、挿入した瞬間の最初だけ痛いとおっしゃる方です。

挿入した瞬間に、ピリっとした痛みがあるものの、その後は特に痛みません。

冬に口の端が割れたような痛さだとよく聞きます。

処女膜の穴の縁が硬い方によくみられる傾向です。

縁が硬いため、挿入の際の抵抗があるものの、挿入できてしまえば痛みはなくなります。

年齢があがるにつれて、処女膜の縁は硬くなります。自分では防ぎのような変化・成長です。

20代後半から、処女膜の縁が硬くなるスピードは速くなります。

処女喪失の痛みは年齢が低いほど少なく抑えることができます。

10%│指の方が痛かった

ロストバージンカフェでは、挿入する前に指を使った処女膜へのマッサージを行います。

指でのマッサージの際に、ジンジンとして痛みがあります。

でも、ペニスの挿入時には痛みがほぼないため、安心して頂けることが多いです。

処女膜に柔軟性がまだ残っている20代前半までの方にこの傾向がみられます。

まとめ

どの痛みでも、ロストバージンカフェでサポートを受けて頂いた方は、1週間以内に痛みがおさまっています。

処女喪失の痛みがどれぐらいかということも気になりますが、その痛みがどれぐらい続くのかという点についても、注意が必要です。

彼氏と初めてセックスした次の日、痛くてガニマタで歩いたという話は珍しくありません。