処女卒業で後悔しないための男性のペニスのサイズとは?

あおい

男性のサイズは人によりまちまちです。

最初の相手かどれぐらいの大きさかによってその後人生か変わるといっても過言ではありません。

今回は、大中小に分けて、その影響を説明します。

処女卒業と男性のペニスの関係

平均

長さ 13cm

太さ 3cm

これを中サイズとして、15cm以上↑を大、11cm以下↓を小とします。

そもそも処女卒業とは?

処女膜をペニス破ることを処女卒業と言います。

処女膜と言っても、太鼓のように膜が張ってるわけてはなく、五円玉のように真ん中に穴が空いています。

その穴にペニスを入れると、処女膜は放射状に破けます。

大は激痛・大量出血のリスク

大きすぎる男性器は経験がある女性にとっても危険です。

まして初めての女性にはただの凶器

処女膜だけでなく、膣が破れたり、大怪我することもあるのでおすすめしません。

自分よりも慎重が30cm以上高い男性の場合は気をつけましょう。

中はほどほどの痛み・確実な卒業

最適なサイズがまさに、日本人男性の平均。

経験がある男性なら少ない痛みで、安全に処女卒業できます。

卒業当日も問題なく歩けますし、遊びに行くことも可能です。

その上、気持ちよさも感じやすいので、2回目、3回目が楽しみになります。

小は痛みはないが経験にならないリスク

小さいペニスなら安全だから、一番良いのでは?と思われたかもしれません。

実は、小さいペニスは意味がありません。

というのも、処女膜を十分には破れず、中途半端なセックスで終わるからです。

処女卒業できた!と思って気が緩んで他の男性としたら、ペニスが平均以上で大量出血した、という話しがよくあります。

まとめ

もちろん、女性の処女膜の状態にもよります。 確実に安全に処女卒業したいのであれば、経験豊富な男性にお願いしましょう。

800人以上の実績があるのは、ロストバージンカフェだけです。