rain
処女喪失前の女性であっても、”濡れてさえいれば”男性器が入る、というのは間違いです。ここに男性の大きな勘違いがあります。濡れてさえいれば入るのは、だいぶセックス経験のある女性です。高齢処女の場合、濡れていようがいまいが、まず入りません。

高齢処女が濡れていても入らない理由

処女の女性であっても、女性器を刺激することで、ツルツルとした感触の体液が分泌されます。これがいわゆる”濡れる”という状態です。

よく勘違いされるのが、この濡れる状態=処女もセックスできる、という図式です。これが正しいとすると、濡れにくい高齢処女の方には、リューブゼリーを使えば簡単にセックスできることになります。

しかし、ロストバージンカフェのクライアントの中には、彼氏とリューブゼリーなどの潤滑剤を使って、処女喪失に挑戦したが失敗したという方が大変多いです。

濡れているまたは、潤滑剤を用いることは最低限、処女喪失に必要な条件ですが、それだけでは十分ではありません。なぜなら、処女喪失を妨げているのは、女性器と男性器の摩擦抵抗だけはないからです。

処女喪失に必要な条件

安全で痛みの少ない処女喪失には、女性の緊張緩和、女性器の保温、処女膜の軟化など越えなければならない壁がいくつも存在します。けして機械的にこなせるものではありません。

このような条件が整う前に男性があせって挿入しようとすると、女性に痛みや不快感を与えることになります。

高齢処女に必要な心構え

濡れれば入ると信じている男性は少なくありません。ただ、それは必ずしも正しくないので、痛い・怖いと思ったら一旦やめてもらうよう伝える勇気を持ちましょう。嫌われてしまうのではないかと心配するよりも、あなたの体が壊れてしまうことを心配してください。

女性の体を守れるのは、他でもない女性自身です。高齢処女であればなおさら、リスクは高くなります。

まとめ

処女喪失に関する情報は、男性任せにしてはいけません。女性器の構造を理解するなど自ら努めて理解しましょう。

安全で安心な処女喪失サポートの詳細は、こちらから