処女のクリスマス
11月に入ってから、処女喪失についてのご相談やお問い合わせが増えています。カップルにとって最大のイベントであるクリスマスを前に、自分が処女であることを再認識される方が多いのだと思います。ここからの数カ月で、ロストバージンするなら、クリスマス前がベストです。その理由をご紹介します。

精神的な余裕

処女である自分に自信がもてないと、どうしても精神的な余裕がなくなってしまいます。クリスマスは、大切な異性と過ごすのが結婚適齢期を迎えた女性のあり方、という同調圧力がその原因のひとつです。

処女喪失してしまえば、処女だから男性という選択肢がないのではなく、あえて男性と過ごすことを選んでいないだけ、という自信が持てます。

そして、その余裕は次の”出会い”に影響を与えます。

出会い

女性だけでなく、男性もクリスマスは意識します。女性ほどではないにしろ、クリスマスにいっしょにすごす女性がいない自分を認めたくありません。普段よりも勇気をもって女性を誘ってみようと考える男性が増えます。かといって、ガツガツしている女性や、クリスマスというだけで浮かれている女性には、声をかけにくものです。

そんなときに、あなたが余裕のある雰囲気で、落ち着いて仕事をしていたらどうでしょうか?ロストバージンカフェでサポートを受けた方の中には、翌日会社で「雰囲気が柔らかくなった」「話しかけやすくなったと」言われた方が少なくありません。

ほんの少しのことで、男性から見た印象は大きく変わります。

年明けの展開

年が明けると、初詣、バレンタインデー、ホワイトデー、お花見・・・とイベントが目白押しです。12月に出会っておくことで、その後の展開は大きく前進します。お付き合いする男性を決める必要はないので、まずお近づきになることが大切。いっしょに出かけたり、イベントを楽しみながら、男性を見極めましょう。選ぶのは、あなたです。

まとめ

男性とおつきあいしたい、結婚したいと思っても、男性から声をかえられなければ、はじまりません。もちろん、女性から誘っても良いです。男性から誘われるためには、誘われやすい雰囲気をまといましょう。

確実に処女喪失できるロストバージンサポートの詳細は、こちらから