goen

処女喪失の痛みが怖くて男性とセックスしたくない、というご相談をよく頂きます。初体験の痛みに関する情報が一方的に入ってくるので、創造するだけでも怖くなりますよね。今日は痛みについて、知っておいていただきたいことをまとめました。

処女喪失が痛い原因は男性

初めてセックスを経験した女性の全員が激痛に襲われるわけではありません。

痛みの大きさを決めるのは、男性の知識と経験になります。けして、女性側に原因があるわけではありません。

男性の年齢や、男性のセックス歴に関わらず、処女の女性とのセックスに関する知識と技術が十分なければ、処女喪失の際に大きな痛みを女性に与えてしまいます。

処女喪失の痛みを少しでも減らしたいなら男性をよく選んでください。その上で、計画的にロストバージンされることをおすすめします。

痛みをなくすためには、準備も重要な要因です。勢いやノリでする処女喪失ほどケガのもとになることはありません。

痛みが続くのは長くて1週間

もし処女喪失後に痛みがあっても、長くて1週間で収まります。

収まらない場合は、男性の経験不足が原因で、あなたの体を傷つけてしまっている可能性があるため、婦人科で診察を受けましょう。

また、痛みと同様に出血も1週間程度つづことがあります。出血といっても生理の経血のようなものではなく、もっと薄い血です。

男性が処女とのセックスの仕方を理解できていれば、痛みも出血も最小限抑えることができます。

本当に痛いのは最初の数分

処女とのセックス経験がある男性となら、痛いのは最初だけです。ちくっとした痛みの後は、徐々に痛みが小さくなっていきます。

体をリラックスさせ、男性に身を委ねていれば、安全に終わります。

処女喪失でもっとも難しいことのひとつは、処女膜全体に均一に力をかけることです。

処女膜は5円玉のようになっていて、圧力を処女膜全体に分散することができると痛みを抑えることができます。ところが、処女とのセックス経験がない、または非処女とのセックス経験から偏った知識だけしかない男性は、膣口から膣、処女膜へとまっすぐ挿入できません。

その結果、処女膜に無駄な圧力がかかり女性に大きな痛みを与えることになります。

まとめ

処女喪失には痛みを伴うケースが多いです。しかし、男性を見極め、対処することでその多くは抑えることができます。

痛くない処女喪失サポートの詳細はこちらから