ロストバージンカフェの活動にご賛同いただき、協力を申し出ていただいた方のインタビューのみ掲載しています。処女喪失サポートでは、撮影その他の記録が残る行為は一切行っていませんので、ご安心ください。

otaku

今年は、例年になく”腐女子率”が高いです。およそ20%が該当します。今回は、オタク+BL好きというクライアントの体験談です。

クライアント

  • お名前 ケイさん
  • 年齢 27歳
  • 職業 OL

インタビュー

-こんにちは、場所はすぐわかりましたか?

はい、いえ、カフェの前を何度か通り過ぎてしまいました。でもちゃんと来れてよかったです。遅くなってすいません。

-時間前なので、全然問題ないですよ。今回、お申込み頂いたのは、何かきっかけがあるんですか?

今婚活してるんですけど、正直、男性のことがよくわからなくて、どう接していいのか想像もできないんです。

-”よくわからない”というのは、男性の本音とか、考え方ということでしょうか?

そうなんです。結婚もしたいし、子供も育てたいので、婚活してるんですけど、男性の言葉をそのまま受け止めすぎるせいか、なんかすごくちぐはぐなんです。この前、家でゲームをしないかと誘われたので、婚活パーティで知り合った男性のお宅にいったら、襲われそうになって逃げてきました。私は、ゲームがしたかっただけなのに・・・

-でも、自宅に行ったということは、その男性のことを少しは気になっていたということですよね?

うーん、よくわからないんです。年頃の男性から自宅に誘われると言うことは、そういうこともありうるんだと、そのとき初めて知りました。普段読んでいるマンガとは、ぜんぜん違くて戸惑っています。

-普段読んでるマンガ、ですか?

あー、えーと、私、実はオタクでして、その、BLってわかります?

-BL?

そうですよね。その、男性同士がですね、こうなんていうか、からむ感じのものでして。そういうのがとても好きなんですけど、自分が恋愛するとなるとまったく違うなと・・・

-お、おう。なるほど。それで、生身の男性を知るために、お申込み頂いたんですね?

その通りです。私でも、セックスできますか?

-もちろん、できますよ。

よかった。ほんとに安心しました。自分が腐女子だなんて、男性にも女性にも言えないので、心配でした。

サポート後

-いかがでしたか?

痛かったです。でも、想像していたよりもずーっと楽でした。こんなもんか?という感じです。これで少しは男性のことが理解できるような気がします。ありがとうございました。

-こちらこそありがとうございました。婚活がんばってくださいね。

はい!!がんばります。