kuyashi
女子大生にとって、大学生活の4年間は、特殊です。子供ではないけど、”女性”というほど大人でもない。男性から見れば、もっとも声をかけたい対象の年代です。多くの女性にとって、生涯で一番もてる時期と言って過言ではありません。しかし、その最も条件が良い4年間に一度もセックスできなかった処女の女性に、この後、何がまっているか想像できますか?

処女喪失できないまま遠くなる婚期

大学生のうちに処女喪失できた女性は、20代で結婚できます。一方、処女喪失できなかった方は、30代以上にならないと結婚できないケースが多いです。

なぜなら、出会い⇒恋愛⇒セックス⇒結婚までの期間が、倍近く変わるためです。

社会人になってからロストバージンしても、20代で結婚できそうですよね?ところが、セックス経験がない女性は、積極的になれないため、数少ないチャンスを生かすことができません。その結果、セックスを乗り越えて、結婚するころには30歳を超えてしまうんです。

恋愛と結婚で立場が逆転

恋愛では男性を女性が選ぶことが多いですが、結婚では女性を男性が選ぶ状況が圧倒的に多くなります。

つまり、セックスに躊躇せず、男性にアピールできる20代前半の女性は有利です。30歳を目前に焦って婚活をはじめても、条件の良い理想的な男性は、セックス経験が豊かなライバルたちに取られていきます。仕方なく条件を妥協した男性と、30歳を超えてから結婚するのがやっとになります。

就活と婚活は似ている

結局、就活といっしょです。積極的に自己アピールできる女性は、たやすく第一志望の男性を手に入れます。

セックスアピールもできない消極的な女性は、自分の気持ちを伝えることもなく、エントリーシートの段階でふるい落とされてしまうのです。

就活は、人気企業であっても複数の学生を採用できますが、婚活では一人の男性に選ばれる女性はたった一人です。婚活のほうが、就活より厳しいかもしれませんね。

アラサー処女の重さ

仮に、30歳目前で初めてのセックスを迎えても、相手の男性は尻込みするかもしれません。アラサーの処女とセックスするということは、責任を取る=結婚するという意味です。結婚を強く意識している女性の処女ほど重いものはありません。

セックス経験のある女性となら、結婚前にセックスしてお互いの相性を気軽に確かめることもできます。

高齢処女まっしぐら

女子大生というブランドがあってもセックスできなかったことは、何もしなければ高齢処女一直線です。

近年、社会人は男性・女性ともに激務です。サービス残業当たり前。給料も高くありません。通勤と仕事に疲弊する毎日なのに、やっととれた休日に、あえて手間のかかる処女とセックスする男性がどれだけいるでしょうか?

理想の男性がそのうち現れると信じていたら、高齢処女になっていたという女性は少なくありません。恋愛や結婚を考えるのであれば、待っていては何も変えることはできないことを覚えておきましょう。

女子大生のうちは、男性から勝手に寄ってきます。”いつか”はやってきません。あるのは”今”と、”今”が作る”将来”だけです。

まとめ

あと2カ月はあるので、女子大生という切り札を使うなら、まだ間に合います。焦らずに自分が望む将来に向けて、適切な行動をとりましょう。

ロストバージンカフェの痛くない処女喪失サポートはこちらから