kind
処女喪失サポートを検討されている方にとっては、関心の高い情報の1つだと思います。200名を超える方への処女喪失サポートから整理してみました。

処女喪失を希望される女性

職業

公務員の方から、家具職人まで、文字通り千差万別です。

最近多いと感じるのは、介護職の方と保育士さんですね。どちらも男性と知り合う機会が少なく、いざ良い人がいても積極的になれないという理由でお申込みいただくことが多いです。

意外だったのは、出会いがたくさんありそうなキャビン・アテンダントやモデルをされている方からお申込みがあったことです。どちらからも、「目標にむかって努力してきたら、男性との接触がほとんどなかった」とお聞きしたのが印象的でした。

年齢

20代後半の方がもっとも多く、20代前半、30代と続きます。

30歳を前に焦る方、婚活をしてみたら男性からセックスを求められてパニックになった、という方からのお申込みが最近は増えています。

早ければ良い、遅ければ悪い、というものではありません。自分が納得できるタイミングがベストのタイミングです。

お住まい

北は北海道、南は沖縄からお越しいただいています。

関東圏からいらっしゃるクライアントがもちろん最も多いです。一方、夏休みや冬休みには大学生の方が都内やディズニー・リゾートで遊ぶついでに全国からいらっしゃることが少なくありません。

また、海外でお仕事をされていて、外国人の彼氏ができたものの、セックスが怖すぎるので最初は日本人相手に経験されたいということで、一時帰国された際にロストバージンされる方もいます。時代は、グローバルですね。

出身学校

若干ですが、女子高・女子大出身の方が多いように感じます。

男性と知り合う機会が少ないことに加えて、男性との距離感がつかめず、セックスに誘われても何をどうしたらよいのかわからない、というお話をよくお聞きします。

いい年をして、せっかく両想いになれた男性の前で、痛い痛いと大声を出したり、痛みでゆがんだ顔を見せたくないという理由でよくお申込みを頂きます。クライアントから女性がいるか質問された際にもっとも共感を得られるお話のひとつです。

まとめ

こうしてみると、実に幅広い層の女性からお申込みいただいていることがわかります。状況は違っても、処女であることに悩まれている方は、少なくないのかもしれません。

確実に処女喪失できるロストバージンサポートの詳細は、こちらから