nanoha
40歳にもなって処女のあげく、このまま生涯を終えていいのかといい年して処女に悩む自分に嫌気がさしてしまう、という方からご相談を頂きました。今回は、40代でロストバージンするメリットを考えてみます。

処女喪失が40代でも恥ずかしくない

ほとんどの方が想像するよりも、40代処女の方は多いです。40代のクライアントには、ご両親の教育が厳しく気が付いたら男性を遠ざけていたとか、若いころ男性とそのような雰囲気になったときに嫌な思いをしたなど、さまざまな理由をお持ちの方がいらっしゃいます。

そのため、40代で処女であることは必ずしも恥ずかしいこととはいえません。誰が悪いわけでもなく、たまたまそうなっただけです。今後のことを考えたときに、40代でのロストバージンがもつメリットには次のことが挙げられます。

もういちいち悩まない

胸を張って婦人科検診にいける

問診票でセックス経験の有無を問われても、自信をもって”有り”に丸をつけることができます。若い看護師や医師に裏で笑われているのではないかと、疑心暗鬼になる必要もありません。

そもそも、看護師や医師がそんな見方をしているとは思いませんが、そういった心配があるがために病院にいくのが遅れて、何か体に異常が出たら大変です。余裕で検診を受けましょう。

女性としての自信がもてる

周囲の友達は結婚して、子供を育て、そろそろ孫がということもあるかと思います。一方で、自分はセックスすらしたことがないと悩む方は、ほんとうに多いです。

上でも書いた通り、処女であることはあくまで結果のひとつですので、何も後ろめたく感じる必要はありません。結婚や子育ては大変なことですし、すばらしいことかもしれませんが、それがないからといって、ダメな人というわけではけしてありません。

ただ、セックス経験があるという事実で自信が持てることもたしかです。クライアントの中には、サポート後に、自信がもてるようになったとメールを頂く方も少なくないです。その結果か、同年代の男性から声をかけられるようになったというケースもあります。

新しい感覚が得られる

今まで性的な感覚が乏しかった場合、ロストバージンにより強まることがあります。男性の場合、一般的には20代で性欲のピークを迎えます。一方、女性の場合は、30代後半から性欲が高まると言われています。

食欲や睡眠といった基本欲求に加え、性的な気持ちよさを知ることで、今後の生活が変わるかもしれません。もちろん、良い方向に。男性の草食化により、オナニー・マスターベーションを好む女性は確実に増えていますので、世界が広がることも考えられます。

まとめ

デメリットもあります。20代や30代と比べれば、体は固くなり、ご自分が20代のころにロストバージンした場合よりは痛みが強くなるかもしれません。それらを考慮しても挑戦したいとお考えの方が多く、最近は40代の方からのお問い合わせが増えています。

安全で安心なロストバージンサポートはこちらから