処女喪失のタイミング
処女は、できれば好きな男性にあげたいけど、その好きな人に出会えなければ、どんどん歳をとってしまう・・・、と考えたことありませんか?ロストバージンサポートにお申込みいただいた方の中には、いつ処女喪失するべきかずっと迷っていたという女性が多いです。

ロストバージンのベストタイミング

性的な行為への衝動が抑えられなくなったとき

恋愛や結婚とは関係なく、女性の本能としてセックスしてみたい、ロストバージンしたいと思ったら、そのときです。

男性の多くは10代で性的な関心が一気に上昇し、その後、マスターベーションやセックスなどの性行動へと発展します。一方、女性の中には長い間性的なことに一切関心がなかったというかたも少なくありません。

ロストバージンカフェでは、40代の処女の方にもサポートを提供しています。みなさんおっしゃるのは、「なんで20代30代で処女喪失しておかなかったのか」という自分自身への疑問です。

セックスの興味がなければ、処女喪失もないので、しかたありません。もし、今セックスへの興味が人生最大であれば、挑戦してみるのもひとつの選択です。

彼氏ができたとき

処女喪失サポートをお申込みいただく理由で、最近本当に多いのが「彼氏ができたから」です。

最初理由を聞いたときは、戸惑いました。ところが、他のクライアントにこのことをお話するとみなさん「わかる気がする。」とおっしゃいます。

20歳を超えて、はじめて彼氏が出来たのに、セックスも知らない自分が不安というのがポイントです。さらに、年下彼氏も珍しくないため、彼氏とのセックスの前に大人の女性として振る舞えるように準備しておきたいという流れです。

もうひとつは、せっかくできた彼氏であっても、セックスするとは限らないからこそ、これを機会に済ませておきたいそうです。たしかに、きっかけは大切です。そのきっかけを逃せば、またいつ自分の背中を押してくれるものが現れるかわかりませんしね。

まとめ

いつ初めてのセックスをするのが正しいということはありません。早くても遅くても何も問題ありません。してみたいと思ったときがベストです。