phone
スマートフォンの普及にともない、写真などを簡単に撮れるようになりました。しかし、どんなに好きな男性であっても、あんなことやこんなことをしている写真を撮らせてはいけません。卑猥な写真の撮影には大きなリスクがともないます。その理由をご紹介します。

個人の特定

たとえ悪意がなかったとしても、写真を保存していた彼氏や夫のパソコンがウィルスに感染した結果、あなたの写真が一瞬で全世界のインターネットユーザーに公開されてしまうこともあります。

さらに近年、画像認証技術が発達したおかげで、あなたの卑猥な写真から、個人の特定ができる可能性が出てきました。というのも、多くの方がFacebookのようなSNSを利用しています。

SNS上の写真と、流出した写真を照合することで、流出した写真に写るあなたが誰なのか分かってしまうのです。

個人が特定されてしまえば、仕事だけでなく、家族や友人を失うことにもつながります。
インターネットに一度公開されたものは、二度と消すことはできません。

男性がどんな理由を言ってきても、撮らせてはいけません。
断ったら嫌われるんじゃないか、なんて考えないで下さい。

リベンジポルノ

スマホのおかげで簡単になったのは、撮影だけではありません。アップロードもとても簡単になりました。

そのためか、最近アメリカなどで問題になっているのが、リベンジポルノです。信頼していた彼氏や夫とケンカあるいは別れる際に、男性側が報復として、あなたの写真などをインターネットに公開する行為をさします。

どんなに信頼している男性でも、いつ豹変するかわかりません。
人生が台無しになる前に自衛しましょう。

まとめ

日本では、いわゆるインターネットリテラシー教育がほぼ実施されていません。

その上、セックスや性の知識に乏しい処女の方は、男性のいいなりになってしまう傾向があります。
その結果、写真を撮られ脅迫を受けたり、インターネットに公開され、ひどい目にあうことが増えてきました。

あなたを守れるのは、あなただけです。
撮られそうになったら、どんなにいい雰囲気であったとしても必ず断ってください。

あなたのことを本当に大切に思っている男性なら、あなたの卑猥な写真を撮ろうとは思いません。

もし撮られてしまったら?

焦りは禁物です。

落ち着いて「私にも見せて~」と言いましょう。
男性からスマホを受け取って、少し画像や映像を見たらすかさず削除。

たいていのスマホのカメラロールには、ゴミ箱マークがあるのでニコニコしながら、削除してください。
消した理由を聞かれたら「恥ずかしかったから・・・(●´ω`●)」でOKです。

躊躇していると、男性がアプリを使って、秘密のフォルダにデータを移動してしまう可能性が高いです。
データの場所がわからなくなると削除ができないため、すばやく行動してください。

安全な処女喪失サポートの詳細はこちらから