judge

ここ数日、連続して”どこにロストバージンをお願いしたらよいかわからない”というメールをいただきました。おそらく、口コミ・評判サイトなどないため、判断が難しいのだと思われます。

そこで、簡単ですがポイントをまとめてみました。主にホームページの見方に重点を置いています。参考になれば幸いです。

選ぶ際のポイント

ホームページについて

ロストバージンに関する十分な情報が蓄積されていますか?

そもそもロストバージンをサポートするためには、セックスや女性の体に関する膨大な知識が欠かせません。それに加え、安全で確実なロストバージンを提供するためには、十分な経験が不可欠です。その結果、ホームページには、多くの情報がわかりやすく整理されているはずです。

ロストバージンのリスクについて説明されていますか?

ロストバージンでは、痛みや出血といったリスクを必ずともないます。それらの説明がない場合は、十分な経験がない可能性もあります。

ロストバージンの手順が明記されていますか?

ロストバージンのリスクを最小に抑えるために、経験から積み上げられた適切な手順があるはずです。

サポートにかかる時間は提示されていますか?

ロストバージンの十分な経験があれば、おおよその時間がわかります。また同様に、1時間や2時間ではロストバージンが難しいこともわかります。料理や掃除とちがって、経験をつめば時間が短縮できるほど、ロストバージンは簡単なものではありません。

個人情報の取り扱い方(プライバシーポリシー)が明記されていますか?

あなたの個人情報がどのように使われるかわからないのに、アドレスなどを開示すべきではありません。

ロストバージンで使用するものは明記されていますか?

あなたの大切な体に触れるものです。体に影響のない潤滑剤など、使用予定のものが明記されていない場合は、注意が必要です。

体験者の感想が載っていますか?

クライアントとの間に信頼関係が築けていれば、クライアントの了解のもと、ロストバージンの感想や体験談が掲載されているはずです。ない場合は、クライアントと信頼関係が築けないのかもしれません。

ホームペーのURL(アドレス)が無料のものではありませんか?

ロストバージカフェのURLは、http://lostvirgincafe.com/です。独自に有料で取得しています。一方で、ホームページやブログの中には、無料で開設できるものがたくさんあります。いつなくなっても何も困らないので、真剣に取り組まれていない可能性があります。無料の例としては、URLにfc2、blog、wixといった単語が入っているものです。

その他

サポートする男性は既婚者ではありませんか?

”逆美人局(ぎゃくつつもたせ)”かもしれません。

男性が既婚者であることを承知の上で性交渉を持った場合、それは不貞行為とみなされます。つまり、男性の配偶者から慰謝料を請求される可能性が高いということです。

メールの文面は丁寧ですか?

女性をどのように扱うか文面に現れます。上から目線・横柄・命令調の場合はよく考えましょう。

質問にはっきり答えてくれますか?

あなたの質問に明確な回答がない場合、十分な経験がないのかもしれません。

待合せは安全な場所ですか?

人気のない場所を待合せに指定されたら、要注意です。喫茶店などに待合せ場所を変えてもらうか、サポート依頼そのものを再検討しましょう。
”車で迎えに行く”も、かなり危険です。

既婚者ではありませんか?

もし男性が既婚者であることを知りながら、性行為を行い、男性の妻に不貞行為として訴えられた場合、勝ち目はありません。慰謝料を支払うことにもなりえます。

まとめ
ホームページを見ただけでも、多くのことがわかります。焦ってロストバージンしても良いことはありません。

安全で安心なロストバージンサポートはこちらから