three
高齢処女に限った事ではありませんが、女性がロストバージンする際に、自分の体を守れるのは女性本人だけです。お相手の男性が処女相手のセックスになれていば別ですが、ほとんどの男性は経験が少ないかありません。そこで、3つのことを実行してください。

事前申告

年下の男性が相手だったりすると言いにくいお気持ちはよくわかります。わかりますが、処女とのセックス経験がない男性があなたに全体重を一気にかけてきたらどうなるでしょうか?

激痛に襲われて色気も何もなくなってしまいます。

その上、出血が多ければ病院沙汰にもなりかねません。勇気を出して、処女であることを事前に申告してください。男性にも準備が必要なので、ホテルに入る前にはお願いします。

準備体操

今日より若いあなたはいません。そして、処女膜同様に、体も日に日に硬くなっていきます。ロストバージンの痛みの原因の1つが体の硬さです。

体が硬いと足が広がらず、また前屈できず、理想的な角度からの挿入が難しくなります。

そのため、男性がシャワーを浴びている最中などに、軽くストレッチをしておきましょう。ジョギングできたら一番いいですが、さすがにそこまではね・・・。

ゆっくり呼吸

出産時に呼吸方法を教わるように、ロストバージンでも呼吸はとても大切です。

なぜなら、緊張、恐怖と痛みから過呼吸になることが多いためです。ロストバージンサポートの提供を始めたころ、クライアントが過呼吸になってよく慌てました。

対処方法を知っている男性が相手ならまだいいですが、そうでない場合は面倒なことになります。特に挿入のタイミングでは呼吸を意識しましょう。

方法は簡単です。

ゆっくり呼吸してください。ロングブレスダイエットが一時期流行りましたが、あんなイメージでゆっくり。痛みの軽減にもつながります。

痛くない処女喪失サポートの詳細はこちらから