高齢処女と女医
20歳を超えても処女の方は、婦人科での受診に抵抗を感じていませんか?自分の体を、しかもデリケートな部分を彼氏でも夫でもない男性に見られるのは恥ずかしいですよね。でも、20歳を超えたら、婦人科に行くことをおすすめします。婦人系の病気は、自己判断で対処していたために悪化するケースが少なくないからです。婦人科にかかるときのポイントをまとめました。

スカートで行く

検査着に着替える病院もありますが、着替えない病院も少なくありません。スカートで行くと、下着をぬぐだけでいいので、楽です。ただでさえ緊張して落ち着かないので、少しでも煩わしいことは避けましょう。

見栄を張らない

大学病院で働く友人に聞いたのですが、セックス経験がないのに、問診票で”性交経験 あり”と答える高齢処女の方がいるそうです。

ご存知の方もいるかと思いますが、婦人科で膣や子宮を診察するに際は、クスコと言われる器具を挿入します。

当然ですが、処女の場合、処女膜を傷つけることもあります。出血してしまうかもしれません。はじめての相手がクスコっていうのも・・・

ですので、若い看護師に笑われようが、医師に驚かれようが問診票には事実を書きましょう。また、診察でセックス経験の有無を聞かれたら、はっきりと処女であることを告げましょう。

変な見栄は、予想もしない結末をまねきかねません。

先生を意識しすぎない

幸か不幸か、現代の医療は”臓器を診て、人を見ず。”と言われています。医師は、あなたの体に興味があるわけではなく、お仕事として患者の器官を診ているにすぎません。

体調を崩した患者が、回復できるようにお手伝いしてくれるだけです。あなたを診るのは、医師であって、単なる男性ではありません。

調子が悪い時は、勇気を出して受診しましょう。手遅れになってからでは、処女喪失もロストバージンもあったものではありません。

まとめ

と言いつつ、マサトは若い看護師さんだとなぜか緊張するので人のことは言えません。そこで、女医がいる婦人科を探しましょう。元も子もないですが、これがもっとも現実的な選択だと思います。市内に1件はありますので、調べてみてください。

ただし、女医さんがいる病院は人気が高いそうです。予約が必要かもしれないので、今のうちに探しておいて、体調がすぐれないときは迷わず行ってください。

安全で痛くない処女喪失サポートの詳細はこちらから