処女は面倒
処女の女性にとっては、ショックかもしれませんが、処女を面倒だと感じる男性も世の中にはいます。その理由をご紹介します。

気持ち良くなれない

男性にとってセックスの目的は、射精(精液をペニスから出すこと)して気持ちよくなることです。しかし、処女の膣にはそう簡単にペニスは、入りません。つまり、男性はなかなか気持ち良くなれないのです。好きでもない女性を相手に、ただセックスしたいだけの場合はなおさらです。

途中でペニスが萎えてしまう男性もいます。せっかく盛り上がっても、挿入すらできず、気持ち良くなれなければ、気分も台無しです。

やっと挿入できたとしても、「痛い!痛い!」と叫ぶ女性相手に、ペニスを動かしてさらに痛がられたら、何もできなくなってしまうのが普通です。

また、処女の女性は、どうしてもデリケートゾーンの臭いがあるため、その臭いが苦手な男性にとっては、気持ち良くなるどころではありません。処女が臭い割合は、セックス経験のある女性のおよそ2倍です。わざわざ臭いのする女性とセックスしたいとは、普通は思いませんよね。

経験がないから怖い

処女が面倒くさいと思う理由には、怖いからというのもあります。このブログでもご紹介している通り、男性の多くは処女の女性とセックスしたことがありません。あっても、1~2人です。

たった1~2人では、処女とのセックスに慣れることは無理です。処女とのセックスで上手くいかなかった経験のある男性なら、なおさら避けたくなると思います。

相手が大好きな女性なら、面倒くさくないのかというと、それも違います。大好きな女性が処女なら余計に、気持ちは複雑です。処女とのセックス経験がないので、女性に痛みを与えずロストバージンさせてあげられるとは限りません。もし、辛い思いをさせてしまったらと思うと、やはり躊躇してしまうでしょう。

まとめ
お互いが10代ならまだしも、20歳を超えたいい大人ならセックス経験がある女性がほとんどです。男性が面倒に感じてもしかたがないかもしれません。

本命の男性から面倒くさいと思われる前に処女喪失したい方はこちらから
今なら男性を喜ばせるテクニックもお教えします。