処女の痛さ
処女を喪失するときの痛みは、女性の運動経験や年齢によって大きく変わります。ロストバージンサポートでお聞きした、痛みに関する感想をまとめました。ちなみに、出産は、「鼻からスイカが出る」レベルだそうです。

処女喪失の痛み

思ったよりも痛くなかった

このようにお答え頂いた処女の方に、痛みの種類をお聞きすると、チクチクした痛み、紙で指を切ったときのような痛みだとおっしゃっています。

比較的、処女膜が柔らかい20代女性、または処女膜の穴が大きい方だと思われます。ペニスが処女膜を通過した後、膣を押し広げる際に、チクチクとした痛みを感じられるのかもしれません。

最初だけ痛かった

セックスの最初だけ痛かった方は、挿入した瞬間に、ピリっとした痛みが多いようです。冬に口の端が割れたような痛さだとよく聞きます。の処女膜の穴の縁が硬い方によくみられる傾向です。

縁が硬いため、挿入の際の抵抗があるものの、挿入できてしまえば痛みはなくなります。年齢があがるにつれて、処女膜の縁は硬くなります。自分では防ぎのような変化・成長です。

20代後半から、処女膜の縁が硬くなるスピードは速くなります。彼氏・ご主人がいる場合は、早めにセックスを経験しましょう。

指の方が痛かった

指を挿入されているときのほうが痛いとおっしゃる処女の方もいます。

ロストバージンカフェでは、挿入する前に指を使った処女膜へのマッサージを実施しています。その際、処女膜の一か所に力が加わると痛みが出るようです。その反対に、ペニスで放射状にまんべんなく広げると痛くないということです。

処女膜に柔軟性がまだ残っている20代前半までの方にこの傾向がみられます。

まとめ
どの痛みでも、ロストバージンカフェでサポートを受けて頂いた方は、1週間以内に痛みがおさまっています。処女喪失の痛みがどれぐらいかということも気になりますが、その痛みがどれぐらい続くのかという点についても、注意が必要です。彼氏と初めてセックスした次の日、痛くてガニマタで歩いたという話は珍しくありません。

痛くない処女喪失をご希望なら、200名以上の処女をサポートしてきたロストバージンカフェがお役に立てます。
処女喪失サポートはこちらから