痛くない処女喪失
200名以上の処女の方にに、ロストバージンをサポートさせていただいていると、全く痛みを感じない女性がいます。痛くないどころか、クリトリスはもちろん、挿入した膣でも快感を得られる方がいます。その共通点をまとめました。

タンポン

生理の時に、タンポンを使用されている方は、痛みが少ない傾向にあります。処女膜を広げるほどの太さはないものの、膣口から膣内部にかけて、まんべんなく刺激を与えるので、挿入の練習になっているのだと思われます。もし、これからロストバージンを予定している場合は、次の生理でタンポンも試してみてください。

運動

タンポンとも関係するのですが、小学校以降に激しい運動、部活をされていた方の中に、処女喪失がまったく痛くない方がいます。運動によって、処女膜が少し傷ついていることで、物理的な抵抗が少ないため痛みが発生しないんです。部活をされていると、生理のときはタンポンを使うケースが多いので、タンポン+運動でさらに痛みが軽減されているのかもしれません。

嫌悪感

性的な行為に嫌悪感のある方は、そこを乗り越えたときに針が逆に振れて、一気に快感に繋がることがあります。ロストバージンサポートに申し込まれる時点でいろんな葛藤があると思います。セックスに対して良いイメージのない方にとっては、とても苦しい決断です。しかし、その決断によって、リミッターが外れた方が、クリトリスなどで少しでも快感を覚えると、挿入の際にも痛みより気持ち良さが勝ってしまうようです。未だに不思議ですが、一定の割合でこういった女性は存在します。

オナニー

普段からオナニーをされている方の中には、痛くない方がいます。特に、処女用のバイブですでに挿入を体験されている方は、まったく痛くないようです。当然といえば当然なのですが・・・。

失敗

処女喪失に一度失敗したことのある方は、恐怖心が非常に強いです。そんな方が、心からリラックスできたときに、文字通り体がフニャフニャになってしまうことがあります。もうその時点で、マサトは挿入できることを確信します。失敗の経験がある方は、一度ご相談ください。

まとめ

こうして書いてみると、意外とありますね。処女喪失の痛みは、男性の経験・知識の不足が原因です。上のような条件で、経験のある男性が相手ならほとんど痛みがなく、むしろ気持ちがいいくらいかもしれません。

ロストバージンカフェの処女喪失サポートが痛くない理由はこちらから