Young Woman Thinking --- Image by © Royalty-Free/Corbisロストバージンサポート中にもっとも多く頂くご質問が「処女の痛みはいつまで続きますか?」です。この質問には、2つの見方があるので、それぞれお答えします。

初セックスの痛みは何日つづくのか?

ロストバージンカフェで処女喪失された方の多くは、二日後には痛みが治まっています。

ただ一般的には、およそ1週間、痛みが残ると考えてください。
うすいピンク色をした出血も同じぐらいつづきます。もし、10日以上、出血があるようなら一度婦人科で診てもらいましょう。

一般の男性の場合、無理に挿入してしまうため、必要以上に処女膜を損傷させます。その結果、処女膜の傷口が癒えるまで、何もしなくても痛んでしまうんです。

中には、いつものように歩けず、一時的にガニまたになる女性もいます。仕事にも影響しますので、できれば休前日にロストバージンしましょう。

何回目のセックスまで痛みがともなうのか?

女性にもよるので一概には言えませんが、10回目ぐらいまではなんらかの痛みがあってもおかしくありません。

一度損傷した処女膜の傷口がふさがるまでは、摩擦による刺激が加えられる度にヒリヒリ痛みます。

前回のセックスから1か月以内を目標に、定期的にセックスすると体が順応しやすくなるようです。
お相手の方と相談して、無理の無い頻度でセックスを楽しみましょう。

まとめ

一方で、サポートの最初は少し痛かったけど、それ以降まったく痛くない、という方もいらっしゃいます。しつこいようですが、ロストバージンの痛みは、男性の経験・技量によるところがとても大きいです。少しでも痛みが少なく、安全な処女喪失をご希望の場合は、十分な経験と知識のある男性にお願いすることをおすすめします。

痛みがすぐ引く処女喪失をご希望の方はこちらから
今なら、ご希望に応じた男性を喜ばせるテクニックをお教えします。